1. TOP
  2. ドライアイ対策におすすめ!目に優しい栄養素や食べ物とは?

ドライアイ対策におすすめ!目に優しい栄養素や食べ物とは?

健康 この記事は約 4 分で読めます。

パソコンを使った長時間のデスクワーク、移動中のスマホ、寝る前のテレビやゲーム・・・。

どうしても目を酷使してしまう現代人の生活において、多くの方が悩まされているドライアイ。

目のかすみや異物感といったドライアイの不快な症状は、少しでも早く改善したいですよね。

ドライアイ対策と言えば目薬が思いつきますが、目薬は即効性はあるものの、どうしても一時的な対応になってしまいます。

根本的な改善を目指すには、やはり食べ物で体の中から対策をしていくことが大切。

そこで今回は、ドライアイに有効な食事や栄養素についてまとめました。

SponsordLink

ドライアイ対策に効果のある食べ物とは

menari1

ドライアイとは、何らかの原因で、

  • 目を保護する役割の涙の分泌量が減ってしまう
  • 涙の成分バランスが変化する

といったことにより、目が乾燥し、痛みや障害が生じてしまうことをいいます。

目も体の一部ですから、「体にいい食べ物をバランスよく食べること」がドライアイ対策の大前提となります。

また目の働きを助けてくれたり、調整してくれる栄養素としては以下のものが挙げられます。

  • 目の組織のもととなる・・・タンパク質
  • 目の働きを助ける・・・ミネラル
  • 目のエネルギーとなる・・・炭水化物、脂肪
  • 目の機能を整える・・・ビタミン、アントシアニン

その中でも、ドライアイ対策にお勧めの栄養素と食材を以下にまとめました。

SponsordLink

目に優しく、ドライアイ対策にも良い栄養素6つ

1)アントシアニン

効能

視覚情報を伝えるタンパク質「ロドプシン」の再合成を助ける。

多く含まれる食材

カシス、ブルーベリー、さつまいも、小豆、ナス

※紫色の食材に豊富に含まれる

2)ビタミンA

効能

涙を生成する際に重要な目の粘膜、皮膚の形成や修復を助ける

多く含まれる食材

レバー、牛乳、乳製品、人参、ブロッコリー、春菊、うなぎ、しそ、ほうれん草

3)ビタミンB群

効能

目の粘膜の正常化や、水晶体の代謝と免疫機能を高め、疲労を軽減させる

多く含まれる食材

豚肉、うなぎ、ごま、レバー、そば、卵、人参、ほうれん草、バナナ、にんにく

SponsordLink

4)ビタミンC

効能

ストレスからの目の疲れを防ぎ、充血を予防する

多く含まれる食材

さつまいも、ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ、ピーマン、ほうれん草、イチゴ、オレンジ

5)ルティン

効能

水晶体や網膜の酸化、紫外線によるダメージを防止し、老化を予防

多く含まれる食材

ほうれん草、ブロッコリー、ケール、グリンピース

※緑の野菜に豊富に含まれる

6)DHA(ドコサヘキサエン酸)

効能

網膜細胞の代謝を活発にし、視機能の改善を助ける

多く含まれる食材

アジ、サバ、サンマ、マグロ、イワシなどの青魚

栄養を摂るにもコツがある

その他、抗酸化作用を持つ「アスタキサンチン」や、視神経の働きを正常に保つ「タウリン」も良いと言われています。

目の健康については、こちらの記事でも詳しくお伝えしていますので、合わせて参考にしてください。

まとめ

もちろん食事に気を付ける以前に、「目を休ませる」ということを忘れてはいけません。

定期的にパソコンやスマホから目を離して遠くを見たり、蒸しタオルを乗せて温めたり、マッサージなども取り入れて、目をいたわりましょう。

また体全体の血行不良やストレス、強い疲労も、ドライアイの原因となることがあります。

バランスの良い食生活と共に、適度な運動や規則正しい生活を心がけ、目の潤いと体の健康を守りましょう。

【主婦向けの節約特集】

もしかすると、あなたは今まで、随分と損をしてきたかもしれませんよ?

不要になった洋服の処分方法!おすすめの買取サービスは?

学資保険で"損"をしているかもしれないあなたへ!子供の教育費は完璧ですか?

\ SNSでシェアしよう! /

いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • インフルエンザが原因で下痢に!治りかけにも注意

  • 現代型栄養失調の症状とは!肌や皮膚にも表れるの?

  • 二日酔い頭痛の治し方、5つの方法!ロキソニンは効く?

  • 紫外線で目がしみる?もしかしてアレルギーかも・・・

  • 中性脂肪が気になるときの卵の食べ方!目安は何個まで?

  • プロペトに副作用はある?赤ちゃんに使っても大丈夫?