1. TOP
  2. 子供の勉強は正しい姿勢で集中力アップ!メリットがたくさん!

子供の勉強は正しい姿勢で集中力アップ!メリットがたくさん!

育児 この記事は約 4 分で読めます。

勉強している時に肘をついたり、背中を丸め、机に覆いかぶさるような姿勢になっている我が子を見ることはありませんか?

でも、ちゃんと座って勉強しなさい!と口うるさく注意するだけでは直りません。

そんな時はさっと正しい姿勢のメリットをお子さんに教えてあげると、ちゃんと理解してくれます。

今回は正しい姿勢の取り方や注意点など、勉強に深く影響する正しい姿勢について詳しくみていきましょう。

SponsordLink

勉強するときの正しい姿勢

膝を揃える

膝下は床に垂直に下ろすことを意識してみましょう。イスに深く座ることでも随分違ってきますよ。
イスと机の間隔を開けない(握りこぶし1つ分)ことも重要です。

背筋を伸ばす

おしりを後ろに引き、背筋をピンと張って真っ直ぐに伸ばしましょう。この時、背骨を意識しながら背筋を伸ばすことでより効果が出ます。

あごを引く

顎を引いて頭を真っ直ぐに保つように意識しましょう。頭が前に出ないようにしっかりとあごを引くことが大切です。

では、これらの正しい姿勢を取ることでどんなメリットがあるのでしょうか?

正しい姿勢のメリット

・長時間、勉強を続けても疲れを感じにくくなる。
・目の疲労度が減少する。
・集中力が持続し、記憶力もUP!そして、ケアレスミスが減る。
・肩こりや腰痛とは無縁になる。
・身体の歪みがなくなる。

正しい姿勢が身につくと一生の財産になりますよね。

学校に通っている間はもちろん、社会人になってからでもとても役立ちます。

ぜひ少しずつでも子供に教えてあげてくださいね。

SponsordLink

正しい姿勢を取るときの注意点

正しい姿勢を保とうと身体に力を入れ過ぎないようにしましょう。

リラックスするということをイメージし、肩から力を抜きましょう。あまり力が入りすぎると疲れてしまいますよ。

胸を張らないようにしましょう。

胸を張るということは力を入れることでもあります。それを続けることで後々、肩こりや腰痛に悩むこととなります。

胸を張るのではなく、背骨を伸ばすといイメージを持つようにしましょう。

机とイスの高さを調節しましょう。

机の高さは座ったときに肘と同じぐらいの位置にあること、椅子の高さは座った時におへそと机の高さが同じぐらいの位置にあることが理想です。
成長と共に机とイスの高さも調節しなければいけませんね。

正しい姿勢を保つための便利なイス3選

バランスチェア

座り心地抜群!長時間疲れ知らずで座れ、自然に背筋を伸ばすことができます。

アーユルチェアー

インドのサンスクリット語で「命」という意味のあるアーユルは座るだけで正しい姿勢が身につきます。

アーロンチェア

子供から大人まで幅広い年代の方の体型にフィットする疲れ知らずの座り心地です。高価なのが難点ですね!

SponsordLink

そして、必要な栄養を摂る

正しい姿勢は理解したが、どうしても気持ちがついていかないという子供もいます。

そういう場合は、集中力の元となる栄養が不足しているかもしれません。

体が健康な状態でないと、集中力も出ないのです。

夜をぐっすりねて、体をスクスクと大きくするために必要な栄養を、野菜から摂ることが大事です。

ですから、野菜不足の場合は要注意。

食事だけでなく、評判のいい栄養補助食品を活用して、必要な野菜の栄養素を摂取するようにしてください。

ここでは、野菜の栄養が効率よく摂れると評判の「のびのびスムージー」を紹介します。

nobinobi

のびのびスムージーで成長期をサポート

まとめ

正しい姿勢を続けるには、あたりまえの習慣にしてしまうことが近道です。

しかし、癖になった姿勢を正しい姿勢に矯正し、習慣にするまではなかなか骨が折れる作業になりますよね。

でも、一日中きっちりとみっちりと続けるわけではなく、背筋を伸ばしてみるとか足は組まずに床に垂直につけるなどは、気づいた時にちょっとやってみる程度からで始められます。

そうして少しずつ意識しながら続けていけば、いつの間にか勉強の時に正しい姿勢が習慣になっていくものです。

継続は力なり。

些細なことですが、正しい姿勢を意識することで勉強にダイレクトに影響が出るのなら今からでも遅くありません。是非、取り入れていきましょう!

子供の集中力を身につけるために

子供の集中力について、別の視点から紹介しています。
子供の集中力をつけるには?小学生・中学生のママ必見!

子供の集中力はあらゆるの才能が開花するための土台となりますので、ぜひ親もサポートしてあげたいところですね^^

こうやって褒めると子供は伸びる!

間違えたら大変なことに!子供の正しい褒め方15のコツ

子供を正しく褒めてあげると長所はグングン伸びていきますが、間違った褒め方をすると後で苦労することになります。

【主婦向けの節約特集】

もしかすると、あなたは今まで、随分と損をしてきたかもしれませんよ?

不要になった洋服の処分方法!おすすめの買取サービスは?

学資保険で"損"をしているかもしれないあなたへ!子供の教育費は完璧ですか?

\ SNSでシェアしよう! /

いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 赤ちゃんの抱っこの仕方のコツとは?便利グッズも紹介!

  • 赤ちゃんの反り返りは大丈夫?原因と自閉症の可能性とは!

  • ママ&パパ必見!保育園の入園準備に必要なもの14選!

  • 月齢別の赤ちゃんの体重!増えすぎや足りない場合はどうする?

  • 赤ちゃんの指差しはいつから?自閉症の可能性も?

  • 赤ちゃんが昼寝からすぐ起きる!抱っこのままでいい?