1. TOP
  2. 中性脂肪にはヨーグルトが効果ある?その理由と上手な食べ方も!

中性脂肪にはヨーグルトが効果ある?その理由と上手な食べ方も!

健康 この記事は約 4 分で読めます。

健康診断で中性脂肪の数値が高かった時、ヨーグルトを食べた方がいいと聞いたことがあると思います。

中性脂肪と聞くと、ぶよぶよとした贅肉や肥満などのイメージですが、放っておいていいことはありません。

動脈硬化を引き起こしたり、心筋梗塞肝硬変など重い疾患にかかる原因になります。

普段の食事に気を付けたいところですが、実はヨーグルトには、中性脂肪を下げる効果があると言われているのです。

今回は、中性脂肪に対するヨーグルトの効果と、その取り入れ方についてご説明します。

SponsordLink

ヨーグルトが中性脂肪を下げるのはなぜ?

ヨーグルトと言えば、「乳酸菌」。

その乳酸菌の効果としては、

  • 便秘に効く
  • 腸内環境を整えてくれる

といったことが思い付きますが、中性脂肪とはあまり結びつかない方が多いのではないでしょうか。

実は、中性脂肪はそもそも普段の食事と深い関係があり、ヨーグルトを日常的によく食べる人と、ヨーグルトを食べない人を比べてみた場合「ヨーグルトを食べている人の方が中性脂肪値が低い」という報告があるほどなのです。

〇中性脂肪を抑えてくれるのは「ガセリ菌」

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には、いくつか種類がありますが、中性脂肪などに効果があるとされているのが「ガセリ菌SP株(ラクトバチルス・ガセリ菌)」です。

このガセリ菌が、中性脂肪を分解吸収する「膵リパーゼ」と呼ばれる、ホルモンの働きを抑える効果があることが、近年の研究で明らかになりました。

つまり、中性脂肪が消化吸収されないまま、体外に排出されるようにガセリ菌が働いてくれるのです。

またそれだけでなく、コレステロールを下げる効果も期待できるという、とても優秀な乳酸菌なのです。

SponsordLink

〇ガセリ菌の効果的な摂り方

しかしいくら優秀な乳酸菌でも、腸に届くまでに分解され吸収されてしまっては意味がありません。

腸までしっかり届いて、且つ長く留まって作用してくれる乳酸菌が理想的なのですが、このガセリ菌は、

  • 生きて腸に届く
  • 長く定着する性質がある

という善玉の乳酸菌で、特に日本人と相性が良いと言われています。

よって、ガセリ菌を含むヨーグルトを積極的に摂取しながら、食事をコントロールすれば、脂肪を吸収せず、さらに蓄積されていた脂肪をエネルギーに変換することも期待できるのです。

実際、30代以上の肥満気味の男女に、普段の生活はそのままに、ガセリ菌のヨーグルト200gを3ヶ月毎日食べてもらう実験をしたところ、中性脂肪や内臓脂肪が減少した、という結果が得られたそうです。

SponsordLink

ヨーグルトの上手な取り入れ方

いくら健康に良いからとは言え、ヨーグルト自体にもカロリーはありますし、食べ過ぎによって腸の状態を悪くしてしまう恐れもあります。

そこで、うまくヨーグルトを取り入れるためのポイントをまとめました。

1)目的や自分の好みに合ったヨーグルトを選ぶ

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、様々な種類があり、また現在市販されているヨーグルトも800種ほどあると言われています。

中性脂肪に特に効果があるのはガセリ菌ですが、その他にも、

  • 整腸作用には「ビフィズス菌」
  • ピロリ菌の抑制には「LG21乳酸菌」

など、それぞれに期待される効能が異なります。

また加糖のもの、フルーツが入ったものなど、ヨーグルトの種類も豊富にありますので、いろいろ試して自分に合ったものを見つけましょう。

2)適量を毎日食べる

ガセリ菌は、48時間ほど腸に留まると言われていますが、善玉菌を増やし持続することが理想ですので、ヨーグルトは毎日摂取しましょう。

摂取量の目安は、ヨーグルトの種類にも依りますが、1日あたり大体100g~200gが適量と言われています。

3)ホットヨーグルトがお勧め

ヨーグルトは、温めることにより有効成分を壊すことなく、より吸収しやすく、また働きやすいようになると言われています。

またヨーグルトで体が冷えてしまうことを懸念されている方は、レンジで数十秒~1分程度温めたホットヨーグルトを試してみてはいかがでしょうか。

なお、乳酸菌は40°C前後でもっとも増殖しやすく60°Cでは30分、100°C以上になると数秒で死滅してしまうそうなので、温め過ぎには注意してくださいね。

まとめ

中性脂肪の抑制には、ガセリ菌を含むヨーグルトが効果的であることが分かりました。

ヨーグルトは手軽に購入できますし、フルーツを入れたり、お料理のソースにアレンジしたりと食べ方も豊富ですので、今日からでも取り入れていきたいですね。

ただし、当然のことながら、いくらヨーグルトでも食べ過ぎは禁物です。

またヨーグルトを食べるだけでなく、その他の食生活の見直しや適度な運動も並行して始めて、中性脂肪や内臓脂肪にサヨナラしましょう。

中性脂肪を下げたいと思ったら読みたい記事

中性脂肪を下げる!食事・飲み物・サプリの人気記事まとめ

他にもいろんな食べ物や飲み物が、中性脂肪の改善に効果があることが明らかになっています。

ぜひ、家族を守るための参考にしてみてください。

【主婦向けの節約特集】

もしかすると、あなたは今まで、随分と損をしてきたかもしれませんよ?

不要になった洋服の処分方法!おすすめの買取サービスは?

学資保険で"損"をしているかもしれないあなたへ!子供の教育費は完璧ですか?

\ SNSでシェアしよう! /

いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

いざ!安心家族~生活の知恵と小さな幸せのヒント~の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • プロペト軟膏は顔にも効果あり!でも大人も子供もNGな使い方とは?

  • ゴムが原因でアレルギーに?ラテックスアレルギーの症状とは!

  • 成長期に身長が伸びない3つの原因!もしかして栄養不足かも?

  • もずくの栄養と効能がすごい!ダイエットにも効果的!

  • 百日咳の治療法とは!赤ちゃんが感染したらどうなる?

  • 中性脂肪を下げるには青魚を食べよう!缶詰でもいいの?